FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
昨日、しつけ教室~座学編~のことを書きました。(こちら→しつけ教室座学編まとめ

そして本日、

しつけ教室~実技編に、行ってまいりましたー!


ボリュームたっぷりなので、前後篇にてお送りさせてください。




犬1匹につき、参加できるのは1人。参加する人がゼッケンを装着します。

P6160063.jpg



何も知らずに続々と集められる犬たち・・・。
なぜか集う白モフ(笑)

P6160066.jpg

類友現象??



ではでは、さっそくスタートです!


ゼッケンが世話係に移動しました。
というのも、旦那氏以外が全員女性だったので、気後れしてしまったそうです。。。
世話係が写真担当のつもりだったので、変な格好で来ていました。旦那氏うらみます。

P6160074.jpg

↑訓練士さんが「まず、座らせてください」と言ったあとの光景です。
  ヤラセなし!誇張なし!で、ふぁーさんだけが一発OKでしたヽ(´▽`)/エッヘン


数分後、徐々に会場も落ち着き、みんな座れ始めました。

P6160078.jpg

↑みんなが座るまでジッと待機していたふぁーさんに感動し、テンションがあがる世話係。


ここでもなぜか集う白モフ(笑)
青いジャージは、訓練士さんたちです。個別にフォローもしてくださいます。

P6160082.jpg



少し歩いては~・・・

P6160091.jpg


止まる。止まったら座らせる。
「スワレ」のコマンドはかけず、リードコントロールで座らせます。
(リードを少し後ろにピンッと引くと、座ります。)

P6160096.jpg

↑座学編を受けた日から1ヶ月ほど、訓練してきた甲斐がありました!
  座って世話係を注視していますヽ(;▽;)ノえらいぞふぁーさん!






訓練士さんからおやつがくばられました。
歩く→止まる→座るの、ご褒美に使ってくださいとのこと。

P6160109.jpg

↑おやつのにおいでテンションがあがっちゃう犬も多々・・・。







ふぁ「世話係ー!次なにすんのー!」

P6160102.jpg

↑キチンと座って指示を待つふぁーさん。
  いつのまにこんなにいい子になっていたのかと、正直驚かされました。






歩く、座るの練習の次は、

ハードルに挑戦~! ドンパフドンパフ~!



さっきまでのデキル子っぷりのせいで、なにか勘違いた世話係。


いきなりとべぇ~!と、リードをぐいー

P6160123.jpg

もちろんいきなり出来る訳もなく、ただただぐえー






そのあとは、ぐえーグイーの押し問答。



P6160122.jpg


P6160124.jpg


P6160125.jpg



そこへ、正義の青ジャージさん(訓練士さん)登場!

犬虐待疑惑の世話係に、救いの手を差し伸べてくださいました。

P6160120.jpg

いわく、「前足をやさしくハードルにかけさせ、向こう側におりたらおやつをあげる」と良いらしい。


世話係、訓練士さんのすごさを思い知りました・・・!

あんなにグエーとなって嫌がっていたふぁーさんが、

P6160133.jpg

P6160134.jpg



ものの数分で、跳べる犬に!




P6160135.jpg
P6160143.jpg
P6160145.jpg

おやつなしで連続ジャンプもできるようになりました!
訓練士さんがパパッと指導してくれただけで、こんなに変わるのかと感動感動でした!



次は、スラローム(?)に挑戦です。

ただ、

P6160158.jpg

ぐねぐねと

P6160162.jpg

あるくだけ・・・。これ、どういう意味があるのですかね?

P6160167.jpg


終点でイタグレくんにご挨拶♪
このイタグレくん、このあとずっと一緒にお勉強することになります。

P6160169.jpg



・・・





ここまで問題がないどころか、むしろ優秀だったふぁーさん・・・。

しかし!!!


ふぁーさんには究極の弱点がありました・・・。

そう、



お粗相マン!!!!!


スラロームを終えて、次のトンネルで事件は起きました。


やることは単純です。

トンネルをくぐって、飼い主のところまで行く。これだけ。



では、その様子をご覧ください。



P6160171.jpg

トンネルの中でパニックになり、出てきた途端


じょろろろ~







思い返せば、開始1時間ほど前・・・

家を出る前におしっこを済ませてもらおうと、あーだこーだがんばってみたものの出ず、
コンクラーベ(詳しくは→おしっこしてくれない事件)をする時間的余裕がなかったため、
やむを得ずそのまま来てしまっていたのでした。

会場についてからも、壁やポールに近付けて排せつを促すも、
マーキング防止のしつけのおかげなのか出ない・・・


そんな決壊寸前のふぁーさんの膀胱が、トンネルパニックによって大放流~・・・。


P6160173.jpg


おおおおしっこが、漏れてしまいまして・・・スミマセン・・・」と、
平謝りしながら片づけました・・・。





もう、今までの栄光は全部帳消しです。



座れない犬、たくさんいました。

落ち着かない犬、たくさんいました。

結局ジャンプできなかった犬、たくさんいました。




でも、




お粗相したのは、ふぁーさん1匹でした。流石です。



そんなオンリーワンにはならんでいいんですよ!




せっかくめずらしくホメホメ記事を書けると思っていたのに、ガッカリ(-_-;)


まぁ・・・ふぁーさんらしいといえば「らしい」のかもしれませんorz






次回・・・しつけ教室~実技編~ 後篇では、

服従訓練で別世界すぎるふぁーさんの様子をお届けしたいと思います。


ここまで読んでくれてありがとうございました。次回もお楽しみください。



僭越ながらランキング登録しております。クリックいただけるとありがたいです。



にほんブログ村 猫ブログへ





---
関連記事
スポンサーサイト



しつけ | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
ふぁーさんすごいじゃないですか~ヽ(^o^)丿
コマンドばっちりだし、ハードルも飛べるようになったし!
それにトンネルもくぐれたし、素晴らしいです(バニラはくぐれません(^^;))。
お粗相が帳消しになるくらい、偉かったと思いますよ~!

なんだか最近、ブログで仲良くしていただいているみなさんが
しつけ教室に通い始めて焦りはじめました(;'∀')
うちも真剣に考えないと~!

次回予告の服従訓練、別世界のふぁーさんが気になって気になって眠れそうにありません(笑)
なにがあったんだろう!?
No title
ふぁーさん、スゴイッ!!(≧∀≦)
うちも絶対ジャンプやぐねぐね出来ないです
トンネルなんてとんでもない(´Д`)
これだけ出来たんですから、粗相くらい…ねえ?(・_・;)
それにしても、すごい量だ(笑)

そして集う白モフ…同じ色白なのに顔はそれぞれ違うんですよねー(当たり前だけど(笑))
No title
うっわー ふぁーさんがアジリティーやってる!!すごいすごい(゚∀゚*)
結構本格的なお教室だったようですね。
お粗相のことは・・・( ̄ー ̄;)まぁ水に流してあげましょうよ。
(実際にも流したのでしょうか...)

ふぁーさんがピョンしたりウネウネしたりする姿に感動すら覚えます。
それと、旦那氏がカメラマンだって言うから「え...大丈夫?」なんて
余計な心配だったようですね。大変失礼いたしました。
各シーンとも完璧に写真に収めてるじゃーないですか!
これにもまた感動いたしました。(どんだけ)

後篇も楽しみにしています(*´ω`*)
まるこんぶ様
おほめいただきありがとうございます~!
せっかくいろいろできたのに、結局お漏らししてしまうあたりがふぁーさんです。。。

うちが参加したしつけ教室は区が主催のものだったので
座学は無料、実技は格安だったのですよ~。

せっかくなので続けられればと思うのですが、
お財布の事情もありますし、うちではこれっきりになりそうです(-_-;)
きっと通えばどんどんお利口になるんだろうなと思います!
犬の可能性ってすごいと思いました~!

1回お試しコースみたいなやつだけでも、
飼い主たちの目からウロコなのは間違いないと思いますよ(*^_^*)
しもべ様
ありがとうございます~!
小春さんは落ち着いているし、
きっとやってみたらピョンピョンぐねぐねできるとおもいますよ!
ぐねぐねする意味は結局わかりませんでしたが(笑)

もう、トンネルは地獄のようでした(-"-)
飼い主と離されて、わけわからんところにぶち込まれる・・・。
さぞ恐怖だったんでしょうね(笑)

白モフもいろいろですね~!カットだけでもずいぶん違いますし♪
ふだんあまり白モフにはお目にかかれないのでたくさん写真とっちゃいました(*^_^*)
hadymom様
ありがとうございます~!
アジリティっていうほどのものでもないですが、
とても新鮮でした(^-^)

区が主催のおためし講座みたいなものなので、
ひととおり体験させてみようって感じだったんだと思いますー。

お粗相はしっかり水で流させていただきましたorz

ウネウネはよくわからなかったんですが、
明らかにできなかったハードルが、最終的にピョンピョンできるようになったのは
すごく感動しました!犬ってすごいって思いましたよ~!

旦那のカメラぶり、私も不安だったんです(笑)
だから最初は私がカメラの予定だったという・・・。
でも、本気になればちゃんとできるんですねー。
じゃああのヒドイ写真はなんだったんだと・・・(-"-)

今後は安心して旦那にカメラを持たせようと思います!

管理者のみに表示